緊急速報!賃貸保証会社リアルコ 自己破産申し立て

家賃滞納や空室対策について学び実践します!

★スローガン★

困ったときには助けられ 学習努力して自立し  困った方を助けてあげられる喜びを共に分かち合う団体を目指そう


■おおや倶楽部ニュース vol.82

緊急速報!賃貸保証会社リアルコ 自己破産申し立て★★

さて6月8日付けにて、?リアルコの代理人として、弁護士ときわパートナーズ法律事務所より取引先宛に、通知書が送られました。
以下に同文を掲載しますので、組合員皆様・協賛会員皆様には
ご一読の上、ご利用されている皆様には早急に対応策の検討をお願いします。

ご通知

前略、貴社におかれましては時下ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。
さて、当職らは、このたび株式会社リアルコから、自己破産申し立ての依頼を受けました。

株式会社リアルコは、平成16年11月創業以来、不動産賃貸保証業務、賃料収納業務を中心に順調に売り上げを伸ばして参りましたが、昨今の経済環境の悪化の影響を受けて、本年1月以来、賃料滞納者が予想以上に増え、賃料保証契約に基づく代位弁済額が昨年下半期対比で、約25%増大する事態に直面しました。

これまでは金融機関からの借入金で、何とかやり繰りしてきましたが、ここにきて、さらに代位弁済額が急増したため、6月8日以降の代位弁済を約定通り履行することが困難になりました。

会社再建のため、スポンサー候補数社との間で、交渉を重ねてきましたが、本日までに合意が成立するには至らず、やむなく現時点での再建を断念いたしました。

現在までに確定している負債は、金融機関等からの借入金約1億円程度ですが、今後毎月約1億円の代位弁済債務が発生する見込みです。

代位弁済後の入居者からの債権回収率が、ここの所80%にも満たない状況であり、毎月2000万円ずつ赤字が累積されることが予想されます。

これに対し、当社には代位弁済により取得した求償債権のほか見るべき資産は、ほとんどありません。

なお、入居者の方々から収納した賃料等の預かり金につきましては、保全措置を講じており、裁判所のご指導の元、ご迷惑がかからないように処理したいと思います。

6月末日をめどに、破産申し立てを予定しておりますが、手続きを円滑に進めるため、6月20日までに、別紙の債権調査票に必要事項を記入の上、郵送またはFAXにてご返送くださるようお願いいたします。


今後の進展につきましては、その都度当職らの方からお知らせいたしますので、電話等での個別のお問い合わせはご容赦くださるようお願いいたします。


          草々


投稿日時: 2009年06月09日 04:36

防犯・高齢者サポートとして、組合員さんの所有物件は各町会へご加入をお勧めします。

発行人 大阪生野共同住宅組合(編集:糸川康雄)
〒544-0003 大阪市生野区小路東2-21-27

おおや倶楽部ニュース(旧組合ニュース)は、発行日に会員大家宛FAX配信されます。
当ブログで先行公開される場合もあります。
おおや倶楽部は、生野区だけでなく、大阪市内全域と神戸市、遠くは東北の大家さんも参加されています。



おおや倶楽部のご紹介

恒例の懇談会

定期的に開催する懇談会で賃貸住宅の運営について勉強を行っております。

府暴力追放推進センター

(財)府暴力追放推進センター

「暴力団を利用しない」、「暴力団を恐れない」、「暴力団に金を出さない」の3ない運動を柱に、暴力団の存在を許さない市民社会を目指した暴力団排除活動に、市民や企業の理解や参加を求める広報活動を積極的に行っているのが暴力追放推進センターです。
管理  EDIT

滞納や不良入居者対応、空室対策など大家さんが集まって勉強会を行っております

大阪近郊大家さんが集まって出来た非営利組合です。一緒に賃貸経営を考えませんか?©2008