「第63回懇談会」長屋再生事例のご紹介

家賃滞納や空室対策について学び実践します!

★スローガン★

困ったときには助けられ 学習努力して自立し  困った方を助けてあげられる喜びを共に分かち合う団体を目指そう


12月17日(火)「第63回懇談会」が開催されました。

「長屋再生事例のご紹介」講師は、小池志保子 先生です

報告事項(いずれも、詳細は組合事務所へお問い合わせ下さい)

  • 新年会のご案内 平成26年1月21日(火)18:00〜20:30「道頓堀ホテル」  会費は6000円(中華料理と飲み放題のセットです)ご参加をお待ちしております。
  • K役員の「W荘」が小枝不動産に取材されました。12月28日(土)16時から読売テレビ「土曜はダメよ」小枝不動産の年末スペシャルにて放送予定です。
  • 事故物件の不通知での賃貸契約で、家主に賠償命令。本年10月28日神戸地裁尼崎支部は、居室内で自殺した可能性の有る部屋である事を告げずに契約した家主に、約104万円の損害賠償を命じました。
  • 日本セーフティー株式会社の英断!昨年の懇談会で取り上げた、賃借人の逮捕・勾留事由の免責条項を廃止されました。また、入居者死亡見舞金を拡充され、原状回復費10万円が保証される事になりました。
  • 高齢化社会での資産家の必殺技!「民事信託」について。2050年には、日本人の28人に1人が認知症になる時代です。自筆や公正証書遺言・後見人など、多くの対策が講じられて来ましたが、色んな問題点があります。「民事信託」は、その使い勝手の良さから、今後広まると考えられます。
  • ランチミーティングのご案内。1月はお休みし、次回開催は3月を予定しています。
  • ホームページの活動記録動画の更新を一旦休止します。アーカイブは今まで通りに使えます。

本日の懇談会内容

(いずれも、詳細は組合事務所へお問い合わせ下さい)

  • 「長屋再生事例のご紹介」講師は、小池志保子 先生です

先生は「大阪市立大学」生活科学研究科准教授、工学博士、一級建築士で数々の建築関係の賞を受賞されています。最後に質疑応答の時間を設けます。

「おおや倶楽部」第63回懇談会 参加レポート

いつも通り、最初に組合長の挨拶と報告事項の説明がありました。
今回は、事故物件不通知の賠償命令、保証会社の免責条項廃止、民事信託など多くの情報が提供されました。
その後、参加者のご紹介がありました。
今日の懇談会は、「長屋再生事例のご紹介」と言うことで、以前より生野区の空家再生事業への協力でお世話になっている「大阪市立大学」生活科学研究科准教授の小池先生を講師にお招きしました。

北区の豊崎長屋や生野区の須恵広長屋は、明治期や大正期の長屋で、再生実例を豊富な写真や間取り図などを使って、分かり易くお話しいただきました。スクラップアンドビルドでは無く、古くからある町並みやコミュニティーを壊さない街づくりで、空室が続いて大家さん自身も如何して良いか分からなかった取り壊し寸前の長屋が、そこにお住まいの方は勿論、近隣の方達にも応援してもらえる、古さを活かした、ゆったり素敵な住空間で、しかも耐震基準を満たす長屋に生まれ変わる過程が良く分かりました。
最後は、活発な質疑応答で終わりました。小池先生、丁寧な解説どうも有難うございました。

勉強が終わったらお待ちかね、いつもの「だんらん」にて二次会の開催です。
組合長の乾杯で始まり、美味しい料理とお酒が癒してくれます。

いつもの事ながら、二次会でしか聞けない本音の語り合いや情報交換に、夜遅くまで楽しく盛り上がりました。

投稿日時: 2013年12月19日 13:15

防犯・高齢者サポートとして、組合員さんの所有物件は各町会へご加入をお勧めします。

発行人 大阪生野共同住宅組合(編集:糸川康雄)
〒544-0003 大阪市生野区小路東2-21-27

おおや倶楽部ニュース(旧組合ニュース)は、発行日に会員大家宛FAX配信されます。
当ブログで先行公開される場合もあります。
おおや倶楽部は、生野区だけでなく、大阪市内全域と神戸市、遠くは東北の大家さんも参加されています。



おおや倶楽部のご紹介

恒例の懇談会

定期的に開催する懇談会で賃貸住宅の運営について勉強を行っております。

府暴力追放推進センター

(財)府暴力追放推進センター

「暴力団を利用しない」、「暴力団を恐れない」、「暴力団に金を出さない」の3ない運動を柱に、暴力団の存在を許さない市民社会を目指した暴力団排除活動に、市民や企業の理解や参加を求める広報活動を積極的に行っているのが暴力追放推進センターです。
管理  EDIT

滞納や不良入居者対応、空室対策など大家さんが集まって勉強会を行っております

大阪近郊大家さんが集まって出来た非営利組合です。一緒に賃貸経営を考えませんか?©2008